2015年入社 営業事務 / 文学部卒業

仮設住宅、ワールドカップと社会に貢献している会社。

就職活動中にインターネットを見て、ナガワの存在を知りました。
会社説明会に参加する前はプレハブと聞くと、もろく簡易的なものであるイメージでしたが、災害時の仮設住宅として、またブラジルサッカーワールドカップの際にも使用されており、ハウスを通して社会に貢献していることを知り興味を持ちました。

日常業務はレンタル受発注業務が主。

私の日常業務はユニットハウスのレンタル受発注業務が主です。私が配属されている営業所はオフィスビルの中にあるため、 一般のお客様と直接触れ合う機会は少なく、企業のお客様から電話でご注文を頂き、協力会社に発注をかけるのが大まかな流れとなります。用途としては工事現場で働く方々が事務所や休憩所、物置として使用するハウスを貸し出すことが多いです。一方で、請求関係や入金関係等の事務処理に関しては交代で担当しています。

言葉遣いに悪戦苦闘しながらも多くのことを学んでいます。

とにかく電話対応が多いので、見えない相手に対していかに分かりやすく伝えるか、といったことや言葉遣いに関しては常に悪戦苦闘していますが、先輩社員の方々に助けていただきながら毎日多くのことを学んでいます。
また、小さなミスが大きなトラブルの原因になってまうため、見直し作業が重要であると感じています。

女性が活躍できる会社。

「明るく・元気に・前向きに」という経営理念にある通り、活発な会社であるとおもいます。ナガワの営業事務という仕事はいい意味で想像と全然違い、男性と同じように女性も活躍して働くことのできる会社であると思います。定期的に女性だけの研修もあり、自分たちで考えて実践できるとてもやりがいのある会社です。